インターネット グルメ

マクドナルド モバイルオーダーのメリット・デメリット

投稿日:2020-02-10 更新日:

マクドナルドの一部の店舗限定で実施されていた、モバイルオーダーが、全店舗に導入されました。

メリット

一度体験していただくとわかりますが、とにかく楽です。特にレジが混雑している店舗では絶大な効果を発揮します。ピーク時は注文するまでに15分以上並ぶケースもありましたが、店舗に着いたら、そのまま呼び出し番号モニターの前まで直行できます。もちろんアプリでチェックインしてから商品を作り始めるので、冷めた物が出てくる心配もありません。更に便利な使い方として、座席でオーダーする事もできます。混雑時には、商品を受け取った後に席がみつからず、しばらくトレーを抱えたまま店内をうろうろするケースもあります。荷物が多いときや、子供を連れている時は大変です。しかし、このモバイルオーダーを使えばそういった苦労もありません。店舗に着いたらまずは席を確保します。着席した後に、アプリでメーニューを見ながらじっくり商品を選びます。(レジでの注文だと急かされて落ち着いて注文できないので、ここも重要なポイントです。)商品をカートにいれ、受け取り場所で店内を選択すると、カウンターで受け取るか、席まで持ってきてもらうかを選ぶことができます。現在、マクドナルド店内の全テーブルには、モバイルオーダー用の座席番号プレートが貼り付けられています。(丸形でシルバーのもの)席まで持ってきてもらいたい場合は、その座席番号を入力してオーダーすれば、数分後に商品が席まで届きます。これで追加注文も気軽に行えるようになりました。一旦着席してしまうと、再びカウンターまで行って注文するのは面倒なので、追加でもう一品食べるのをあきらめる人もいたかと思います。今後こういった売上も確実に取りこぼさない事になるでしょう。とても良くできたシステムだと思います。

デメリット

やはり一番のデメリットは、支払い方法がクレジットカードとLINE Payに限定されるところかと思います。(LINE PayはiOSのみ対応)また、楽天ポイントやdポイントが使えませんし、株主優待などの紙媒体のクーポンも使えません。知り合いなどから紙のクーポンをもらった時に使用できないのは少し不便を感じました。また、コーヒーの砂糖やミルクの要否、ポテトの塩抜き、ハンバーガーのマスタードカットなどのオーダーは対応できません。(ちなみにコーヒーの砂糖とミルクは一つずつ入ってきます。)その他として、初回はモバイルオーダー用のアプリのインストールや、会員登録、クレジットカード番号の登録などが必要なので、人によっては面倒に感じるかもしれません。

さいごに

メリットとデメリットはありますが、総合的には大変メリット大きいサービスだと感じました。(個人的にはLINE Pay対応はどうでもよいので、株主優待クーポンが対応されると嬉しいです。)最初にこのサービスを使った時には衝撃を受けました。飲食店のこれからのオーダー方法のスタンダートになる予感がしました。客自身がスタッフを介する事なく、注文と決済を効率よく済ませる事ができます。客とお店の両方にメリットが生まれる仕組みだと感じました。







-インターネット, グルメ
-, , ,

Copyright© MandPress , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.