マネー

みずほ銀行 振込手数料回避方法 (2020年3月改悪対策版)

投稿日:

度々の改悪が繰り返され、個人客としてはもはや利用する価値が全くない銀行のひとつですが、勤務先が振り込み先の口座として強制的に指定しているなどの理由で、しかたなく利用している人も多いかと思います。当然、金利も最低クラスであるため、入金されたら一刻もはやく他口座へ移す必要があります。平日の昼間にATMから出金する方法もありますが、千円未満が下ろせない事と、そもそも行く時間が無駄なので、今回はインターネット上で可能な方法を検討したいと思います。

改悪前は

2020年3月の改悪前は外貨預金に1円でもあれば、他銀行宛の振込手数料が無料になるという、ザルの抜け穴がありました。私も当然これを利用して、入金された当日に手数料を1円も払わずに、1円も残さないように他銀行へ移していました。しかし、2020年3月の条件改悪により、この抜け道が塞がれてしまいました。この方法はネットでも紹介され、おそらく多くの人が利用していたと思われます。

それでも無料の方法はまだあります

振込手数料を無料にしたいなら、100万以上の資産運用、ローン借入、みずほマイレージクラブカードの利用などの方法があるようですが、これらの事を行うなら、みずほ以外を利用したほうが条件が有利なため、良い方法とは言えないでしょう。では、その他に方法はあるのでしょうか。この記事のタイトルは振込手数料回避方法となっていますが、振込とは若干違う方法を使う事で、無料で他口座へ出金する方法をご紹介します。

ベストな方法は

証券会社のリアルタイム入金を使う

各証券会社では、自社の系列銀行や他銀行などから、リアルタイムに入金を行うサービスが提供されています。急に株を購入する資金が必要になった時などはとても重宝します。しかも、ほとんどの証券会社は入金手数料が無料です。(厳密には証券会社が他銀行からの振込手数料を負担していたりしますが。)自分が利用している証券会社が、みずほ銀行からの入金をサポートしているようでしたら、この方法を使うことで、手数料無料で、1円単位で、しかもネット上の操作のみで、みずほ銀行から出金できます。証券会社に入金された資金はは、必ず株を購入する必要はなく、そのまま系列の銀行などへ出金する事もできます。(だいたい手数料は無料です。)

PayPayへチャージする

出金とは少し意味合いが異なりますが、PayPayへチャージする際、みずほ銀行口座を指定する事ができます。電子マネーへチャージするかたちとなりますが、とにかくみずほ銀行から無料で出金するための方法のひとつかと思います。

さいごに

今回は、証券会社や電子マネーサービス会社を利用する事で、結果的手数料を負担する事なく出金する方法をご紹介しました。これらの方法は、送金にかかる費用を証券会社や電子マネーサービス会社が負担する事で成立しています。今のところ、みずほ銀行に資金を持っているユーザーが多くいるため、その送金費用を負担してでも、入金サービスを提供している企業があると思われますが、近い将来どうなるかはわかりませんね。







-マネー
-, , , , , ,

Copyright© MandPress , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.